スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山の食文化

富山県は、四方を海と山脈で区切られた越中国と領域を同じくする。
東の新潟県との県境は難所親不知として知られる。

西部は倶利伽羅峠を挟んで石川県と接しており、戦国末期には両国の前田利長と佐々成政が争った。

富山の北部に占める富山湾の恩恵により、漁業も盛んであったが、近年定置網漁を除く、その他の漁業は衰退の傾向にある。
しかし、国民のグルメ指向と輸送時間の短縮化により、従来は移送が不可能であったシロエビなど、今まで売れなかった商品が注目されている。

その後羽柴秀吉により、越中は前田利長に与えられ、江戸時代の越中は加賀藩とその支藩である富山藩に統治されていた。廃藩置県では一時的に新川県が成立するも、人口が過小とみなされたことと歴史的経緯により、石川県に併合されてしまう。

エステ 富山

石川県議会では越中の水害復旧が放置されるなど越中軽視の姿勢が目立ったことから、分県運動が起こり、全越中が分離独立する形で富山県が成立した。

伝統的に富山平野の中央部にある呉羽丘陵を境に東を呉東、西を呉西と呼んでいた。

富山の方言としては富山弁があり、地域によって呉東方言、呉西方言、魚津弁などに分かれる。富山弁は北陸方言に属し、特に能登弁と類似性がある。「新鮮」を意味する「きときと」をはじめ、『広辞苑』に収められている言葉もある。

富山の貯蓄率は高く、「越中の一つ残し」と言われるほどである。
現在では市町村界によって区切った県東部・県西部という名称も使われている。

富山はおおむね呉東・呉西に一致するが、富山市呉羽地区は呉西でありながら県東部に属する。

ネイルサロン 富山

また、富山市婦負地区は、かつて気象庁の地方区分では県西部に属していたが、行政区分との統一を図るため2006年3月1日より同市他地区と同じ県東部へ管轄変更となった。

現代では環日本海貿易の中経路として、そして北陸工業地帯と世界をアクセスする。富山湾は黒潮親潮の潮境が生み出す豊穣な漁場であるため、漁港としても重要である。
子弟の教育にも熱心な傾向があり全国学力調査など教育関係の統計で、上位に位置することが多い。

大家族傾向があるため、世帯収入が全国最高水準である。
逆に生活保護家庭の割合は極端に低く、全国最低である。
さらに、県東部を富山地区・新川地区、県西部を高岡地区・砺波地区に細分することがある。

南には飛騨山脈が控え、山間部には「白川郷・五箇山の合掌造り集落」として世界文化遺産に登録されている五箇山、立山信仰などの山岳信仰で有名な立山連峰、山岳観光ルートの立山黒部アルペンルートなどがあり、日本唯一の氷河が発見されている。

まつげエクステ 富山

隣接する岐阜県飛騨地方は山々にさえぎられる形で、太平洋側との交通の便が悪く、富山県との結びつきが強い。

富山は、北は富山湾に面している。
石川の「嫁は越中から貰え」という格言は、富山の女性は働き者とされるところからきている。
この勤倹克己を地で行くような県民性は、安田善次郎のような経済的成功者を多く生み出してきた。

海産物を好む食文化を持っており魚介類の消費額が全国一大きい。

北陸地方は一向一揆で知られる浄土真宗が盛んで、越中の価値観にも強い影響を与えてきた。
特定重要港湾の伏木富山港は北陸工業地帯や環日本海貿易の拠点として発達した伏木港、富山港、富山新港の総称である。

また、県内全域から見られる立山連峰は、山岳信仰の舞台になっていた。
富山は、北陸地方に属し、日本海に面する。令制国の越中国に相当する。
県庁所在地は富山市。

魚津、滑川、氷見などでは豊富な海産物が水揚げされる。

整体 富山

うち魚津から滑川にかけてはホタルイカの群遊海面、蜃気楼の見える海岸で有名である。

加賀藩の支配を脱した明治から産業の発展が続き、北陸工業地帯を形成。
北陸銀行や北陸電力などの本拠地でもあり北陸経済の中心と言っても過言ではない。
県外への輸出は伝統的に富山の売薬やブリ街道が有名である。

富山は古くから北前船で知られる日本海側貿易の中継拠点であったが、現代ではさらに環日本海貿易の拠点として発達し、中古車などの取引拠点となっている。

県内商業としては伝統的には総曲輪周辺の中心市街地が栄えていた。
近年では車社会化が進行し、幹線道路沿いの郊外店が主流となっている。

それにともない大型店舗化が進行している。
富山市と高岡市の商圏は県内のみならず岐阜の北部や新潟県上越地方をも収めるが、隣県の金沢市の商圏と競合関係にある。

富山

もし登録が実現すれば、1つの県に3つの世界文化遺産を保有する県となる。
また、立山連峰や黒部峡谷などを世界自然遺産に登録することを目指す動きもあり、立山・黒部地域はいわゆる世界複合遺産としての登録を目指す可能性もある。

富山県は明治から昭和にかけてこの電力を生かして第一次産業から第二次産業、つまり日本海側屈指の工業地域へと産業転換を果たした。

自分の家を持って一人前という風潮があり持ち家率は全国最高である。さらに家の大きさも全国一大きい。
富山湾に設けられた湾港群。古くより沿岸貿易路の中継拠点であった。

乳幼児を祖父母等に預けることが比較的容易なこともあって共働き率が全国最高水準である。
北海道開拓においても、富山県出身者が有意に多く、北方領土からの引揚者も北海道に次ぎ2番目に多い。
新着記事
カテゴリー
ネイルサロン
あわせて読みたいブログパーツ
リンク
タグクラウドとサーチ

> tags

過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。