スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンチエイジングを考える上で

普通は糖分を摂取した時、血糖値を下げるためにインスリンが分泌されブドウ糖に分解されるのですが、入ってくる糖分の量が多い、または何らかの原因でインスリンの分泌量が少ないと糖分が余ってしまいます。

いろいろ情報を探してみたところ、ネイルサロンで頂いたお茶にダイエット効果があると言われているのはコーン本体の粒ではなく、コーンのふさふさした尻尾のような部分にダイエット効果が認められるということでした。

この部分はネイルサロンで頂いたお茶と呼ばれており、体内の糖化反応を抑制する効果があるとされています。

糖分はもともとタンパク質と結びつきやすいという性質があり、余った糖分はタンパク質と結びついてしまいます。これが糖化(メイラード反応)というものです。

また肌の老いさせている原因の一つとも考えられており、アンチエイジングを考える上でも重要なポイントになると言われています。

正確にはネイルサロンで頂いたお茶が正解。糖化したタンパク質(以下、糖化タンパク質)は茶色く褐色化し固くなります。糖化タンパク質は糖尿病や生活習慣病の原因にもなっていると言われています。
新着記事
カテゴリー
ネイルサロン
あわせて読みたいブログパーツ
リンク
タグクラウドとサーチ

> tags

過去の記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。